ハウステンボス

雨の日限定サービス「ハッピーレイン」


アイデアのきっかけは、月の半分以上が雨に見舞われた2013年8月の経験です。

夏休みのテーマパークといえば、全国からお客さまがお越しになる季節です。しかし来る日も来る日も、雨。

申し訳なさを感じた私は「『雨の日に来てよかった』と思えるくらいの特別なサービスが必要だ」と考え、社内提案を行いました。

この意見は、イベント企画担当者をはじめとする社員皆さんの推進力を得て、翌年6月には実現。

雨の日も楽しんでいただけるハウステンボスへと一歩前進し、これ以降、雨天時の来場者が増えました。

福岡 女性 コピーライター 後藤エミ ハウステンボス 雨の日の集客施策「ハッピーレイン」

発案者として、雨の日イベントのネーミングとコンセプトコピーも担当しています。

福岡 女性 コピーライター 後藤エミ ハウステンボス「ハッピーレイン」コンセプトコピー